人が遊ばなくなったら社会は成り立たない。遊び方を知っているから良い仕事ができる

こんにちは、ざっきーです。

 

今、新型コロナウイルスが世界中で大流行しており、

経済自体が大混乱が起きていますね。

 

僕の周りでも、コロナウイルスによって大きな被害を受けたお店もあります。

いきつけの居酒屋さんだったのですけど、

コロナ自粛の影響で潰れちゃったお店もいくつかありますね。

本当に悲しい。

 

僕は、一度行って気に入ったお店だったら

ずーっと通い続けたいタイプなので、いきつけのお店が潰れると寂しくなりますね。

 

そして、今回のコロナウイルス騒動で際立って気がついたことですが、

人が遊ぶことができなくなったら、社会全体のムードもすんごく落ち込むんですよね。

 

そして、部屋にこもっている時間が長くなると

コロナうつ、コロナDV、コロナ離婚なんてもの流行っているそうだ。

 

それだけ、人間が自由を奪われると、

精神に異常をきたして物事の判断力が失われているのでしょうね。

 

世の中から「遊び」が奪われると、レベルアップはない

 

人間が成長している時って、「遊び」をしているときだと思うんですよね。

クリエイティブな遊びでもいいし、

今までやったことがなかったことに挑戦するって、

脳みそがガンガンに活性化するんですよね。

 

小さい子供(幼少期)の時って、

好奇心を刺激するような遊びをするほど賢く育つらしいです。

 

これって、大人になっても同じことが言えるんですよね。

遊びを知っている人は仕事もできるイメージがある。

いろんな経験値があって遊び心がある人って、話がオモロイんですよ。

 

他の人がやったことないことを経験している人って、

コミュ力高いし、希少価値が非常に高くなる。

 

例えば、できるかどうかは知らないですけど、

「趣味だけど、海でモリ使って魚をハンティングしています。」

って人がいたらすげーな、と思います。

シンプルに教えて欲しいし、そんなぶっ飛んだ人と仲良くなりたい。

 

「遊び」からアイディアや発明が生まれる

 

今、ほとんどの人が持っているスマホも、

ドラえもんのひみつ道具的なノリで生まれたと思うんですよね。

凝り固まったガチガチの脳みそでは思い切った行動なんてできない。

クリエイティブな作業って、リラックスした空間じゃないとできませんからね。

 

ちなみに僕がブログを書いている時も、

あったかい飲み物を飲みながら、アイディアを生み出しています。

ちなみに、留学中に英語の勉強をしていたときも、

ストレスを極力かけないで、遊ぶように勉強していました。

 

英語話せたら、ひょっとしたらモテるんじゃね?みたいなノリで勉強してました。笑

(実際、モテたかどうかは別記事で書きます。)

 

勉強や仕事も、遊び感覚でトライアンドエラーを繰り返して、

失敗にビビらずに挑戦していくべきなんですよね。

失敗=経験値。

もちろん、反省はしなきゃいけないけど、

失敗を恐れる必要なんてないんですよ。

 

「遊び」を知らないと、人間らしさが失われる。

 

僕が実際にそうだったんですけどね。

田舎生まれで田舎育ちで、

何にも刺激がないような場所で育った僕は、

とりあえず学校を卒業したら、就職して勝手に年取っていくんだと思い込んでいた。

 

そして、いざ自分が20代半ばのアラサーになって、

職場と家との往復しかしていないことに気がついた時に

「あれ?このまま年取っていくんか??」って考えると、

なんだかものすごく人生がもったいなく感じた。

 

そこから、「やっていないけど、やりたいことをやってみよう。」という思考に切り替わった。

 

人生から遊びを引いてしまうと、まるでロボットと同じだなと。

これから、ロボットやAIがガンガン普及していくのだから、

ロボットのような単純作業しかできない人間は、仕事もなくなってしまう。

 

これからの時代、「遊び」を通してコミュニケーションに磨きをかけることは、

さらに重要度がますと予言する。

 

「遊び心」を持つ人、持たない人は格差が生まれる

 

今回、一番言いたかったこと。これはマジ。

「遊び心」を持っている人は、

逆に考えると、「遊び心」を他人に与えることができる人とも言える。

 

今の日本は、コンビニが24時間空いているし、

食べ物はちょっとのお金があれば簡単に手に入る。

贅沢品をアホみたいに買わなければ、生活することにはイージーです。

 

成熟社会で必要とされているのは、

「暇つぶし」です。基本的にみんな暇なんですよ。

知り合いの20代の若い子に「家で何してんの?」って聞くと、

スマホをいじって、寝ているだけの人が多いこと多いこと。

そりゃ、そんな時間の使い方していると貧困になっても仕方がないです。

 

Youtuberなんか観ていると、

「他人を楽しませている人」が高収入じゃないですか。

金持ちがいいとか、悪いとかではないですが、

収入が高い=社会的に希少な存在。であることは間違いない。

(幸せかどうかは別問題)

 

これからの時代、「遊び」を提供できる人は、

さらに必要とされるになるだろうね。


初めまして、こんにちは。
「ざっきー」と申します。

元々は全くの英語音痴でしたが、
学生時代から「海外生活」に憧れてノリと勢いで退職!

英語力ゼロからフィリピン留学を経験。
留学中は、現地の人とは話せず黙り込んでしまう。
レストランで英語で注文できなくて恥を掻く。。。

プライドを捨てて、
中学校英語の基礎基本からやり直して、
失敗を恐れず英語の勉強を続けていくと
オーストラリアで現地人と一緒に働けるくらいまで英会話が上達しました。

英語劣等生だからこそ、英語が話せればチャンスが広がる!

そんな理念でブログを書いております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です