もし自動翻訳機が一般化しても英会話スキルは必要とされる。むしろ貴重な存在になる。

こんにちは、ざっきーです。

 

僕は、海外留学・ワーキングホリデーをきっかけに英会話を学び、

このブログでは英語学習やネット事業についての情報発信をしてます。

 

さて巷では、「自動翻訳機」という、

ドラえもんのひみつ道具みたいなアイテムがありますよね。


↑こういうの。

ドラえもんの「ほんやくこんにゃく」だとマジで思いました。

かがくのちからってすげー!状態です。

 

AIやテクノロジーが発達して、

自動翻訳機がこれからどんどん普及していくはず。

すると、「英会話能力」って必要なくね?って、いう人もいます。

 

しかし、実は、本質的に考えると

自動翻訳機が一般的に普及しても英会話スキルは絶対に廃れない。

というか、むしろ逆に英会話が出来る人が希少な存在になって、

収入が上がったり、モテたりする可能性は高いです、

 

外国人が一生懸命に日本語で会話してくれたら嬉しくないですか?

 

もし、友達や恋人でもいいんですけど、

日本が好きだからという理由で、日本語を覚えてくれたら嬉しくないですか??

 

おいおいおい、、、お前どんだけ日本が好きやねん!

ってか日本語うますぎ、めっちゃ努力家でいいヤツやん!

って、僕は思っちゃいます。

 

一生懸命な人って、すごく素敵なんですよね。

ダラダラとクールぶって、冷めている人より、

不器用だけど、一生懸命の人の方が友達になりたいって思いますもん。

 

逆に自動翻訳機ばかりを使って、

コミュニケーションをとられるとどうでしょう?

なんか味気ないし、機会と対話しているような感覚にもなる。

 

つまるところ、

人間らしい「雑談して仲良くなる」という

深い人間関係までは行き着かなくなるのです。

 

深い人間関係ではないとできないことってめちゃくちゃあるんですよ。

 

わかりやすく例えると恋愛関係ではどうでしょう?

自動翻訳機ばかり使っていたら、

そもそも恋愛関係に発達するんでしょうか?

まあ無理ですよ、現実的ではないでしょ。

 

普段の日常会話を自動翻訳機を通して行ってたら、

めんどくさいし、ぶっちゃけ話なんてこともできなくなるんですよ。

そりゃ、深い人間関係になるのは厳しいって。

 

まあ、恋愛関係以外にも、

海外で大金が動く商売やビジネスをやりたい場合も、

「自動翻訳機」だけでは交渉できないですよ。

だって、大きなお金が動く仕事は信頼がないとできませんからね。

信頼こそ、深い人間関係が必要なんですよ。

 

その人の人柄やキャラクターも含めての信頼です。

一生懸命に現地の言葉で話す日本人がいたら、

「あっこいつ、いいヤツかも!?」って思われることはめちゃくちゃ多いですよね。

 

誰だって出来るような仕事、

例えばレジ打ちとか交通誘導であれば、言葉や特別な能力は必要ないんですけどね。

(その仕事が良いとか悪いと言っているわけではありません。)

簡単な仕事だから、給料はそこまで高くないのです。

 

外国で商売やビジネスで成り上がりたいとか、

もっと小さいとこでいえば、

外国人の友達が欲しいとかだったら、レベルは低くてもいいので英会話は必要ですよね。

 

機械やAIが発達するからこそ、アナログな英会話が重要視される。

 

今回、一番言いたかったことはこれ。

世の中の原理原則なんですけど、

「みんながやっていることは、価値は低くなってしまう。」

 

逆に、みんながやれないことだから価値が高くなるのです。

 

お医者さんが、なんで収入が高いのかというと、

「医師免許」は、取得難易度が高くて貴重な存在だから。

数が少ないから、収入が高いのです。

 

じゃあ、自動翻訳機が普及すると、

「英会話」を身につけようとする人は少なくなると思います。

逆にいうと、英会話ができる人は貴重な存在になり得るのです。

 

ただ単に、英語を知るレベルであればグーグル先生に助けてもらえてばいいです。

でも、コミュニーケーションになるとアドリブ力が重要になってきます。

 

機械、ロボット、AIにできないことは、

雑談であったり、人を楽しませるコミュニケーションです。

 

ここが一番大事なんですけど、

今後、ロボットやAIが発達して奪われる仕事、減る仕事は確実に増えます。

無くなる仕事は、いずれも「単純労働作業」です。

だから、英会話を習得するだけではAIには勝てません。

 

人間だからこそ出来る「価値」を与えることができる人は、

これからガンガン必要になります。

 

逆に、芸人さんやタレントさんのような、

人としての魅力がある人物は収入もガンと上がります。

 

今回、僕が伝えたかったことは

「英会話」を身につけることで、同時にコミュニケーション能力も上がります。(これはガチで)

だって会話を身につけるには、実践することでしか身につけませんからね。

 

これからの時代、机の上で勉強する時代は終わりです。

ってか、暗記だけの知識はググれば全部答えが出ます。

 

ロボット、AIによって仕事がなくなって貧困になりたくなかったら、

海外逃亡を視野に英語力、コミュ力を学んでいけたら最強ですね。(笑)

 

というわけ、ありがとうございました。


初めまして、こんにちは。
「ざっきー」と申します。

元々は全くの英語音痴でしたが、
学生時代から「海外生活」に憧れてノリと勢いで退職!

英語力ゼロからフィリピン留学を経験。
留学中は、現地の人とは話せず黙り込んでしまう。
レストランで英語で注文できなくて恥を掻く。。。

プライドを捨てて、
中学校英語の基礎基本からやり直して、
失敗を恐れず英語の勉強を続けていくと
オーストラリアで現地人と一緒に働けるくらいまで英会話が上達しました。

英語劣等生だからこそ、英語が話せればチャンスが広がる!

そんな理念でブログを書いております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です