英語初心者ほどシャドーイングをすべき。シャドーイングで英会話力が爆上がりして英語面接も受かった。

こんにちは、ざっきーです。

 

今回は、英語会話初心者ほどシャドーイングをすべき理由をお話しします。

 

僕は学生時代は、英語の授業は「わからないところが、わからない」と言った具合で、

完全に理解が追いついておりませんでした。いわば、英語劣等生です。

 

単語であればうろ覚え、文法はちんぷんかんぷん。

英語のテストでは、とりあえず単語を丸暗記して、

単語と単語を無理やり繋ぎ合わせて、暗号文のように解読して答えを導いてました。(笑)

英語が嫌いで苦手すぎたから、英語の勉強法さえも知らない状態。

学生時代はその程度のレベルでした。

 

しかし、英語が必要な環境に身を置いてシャドーイングを日常に取り入れることで、

オーストラリアで仕事の採用面接を突破することができました。

もちろん、面接中は全て英語で日本語は使えません。

 

そんなときに英語力ボロボロだった僕は、シャドーイングに救われたんですよね。

 

シャドーイングって、そもそも何?

 

シャドーイングとは、英語を聞きながら同時に英語を音読する英語の勉強法です。

 

元々は同時通訳のトレーニング方法だったみたいですが、

学校の英語の授業でもシャドーイングを教えているところあります。

 

僕が通っていた、超田舎の中学校でも英語の先生が教えてくれましたね。

当時の僕は英語に興味がなかったので、全然やってなかったけど(笑)

 

英語のリスニングしながら、スピーキング練習になるので時間的効率が非常に良いのも特徴。

英語力って、スポーツの上達に近いものがあるのですよ。

 

正しいフォームで、適切なトレーニングを積んでいければ、必ず上達していくものです。

シャドーイングを使って、口周りの運動とリスニング能力を慣れさせていけば、

まずは英語に慣れることができるんですよね。

 

シャドーイングのおかげで採用試験を突破したのは、めちゃくちゃ嬉しかった。

 

僕がシャドーイング勉強法を取り入れたばかりの時は、

ただなんとなく真似事をするように声を出して練習していました。

 

1歳くらいの子供のように「あー、えー、うー、」って言葉になっていない言葉を発していた。

最初はこんなんで、英語なんか身につくんか??って不安を抱えながらも、とりあえず、シャドーイングを継続してみました。

 

変化があったのは、1週間過ぎてからだった。

会話文をシャドーインングで何回も反復していると、日常会話で頻回に使う文章がパッと言葉にできるようになっていたのです。

 

会話文が音でも覚えているし、言葉としてスラスラと出る。

何回も洋楽を聞いていたら、歌詞を覚えてしまった。という感じに近い。

 

これに味を占めた僕は、シャドーイングを継続して会話で使えそうな文章を繰り返し練習しまくった。

すると、自然と単語も覚えていくし、リスニング・スピーキングともにレベルが上がっていくことがわかる。

 

3ヶ月継続していくと、日常生活でも違和感なく英語が使えるようになった。

もちろん完璧とはまでいかないけど、自分の意見を中学校レベルの単語と文法で表現できるようにまで成長しました。

 

自信をつけた僕は、オーストラリアの地でお金を稼ぐために、手当たり次第に仕事を探した。

そして友人の紹介でご縁があった、ホテルのベッドメイキングを担当している業者と知り合うことができた。

 

現地での所持金も少なくなっている状況。

とにかくお金を稼がなくては生きていけないくらいまで追い込まれていました。

 

ベッドメイキングはやりたい仕事でも無かったけど、

所持金も少ないから、贅沢言わずに面接を希望しました。

 

ベッドメイキング業者を取り締まっているのは、マレーシア出身の褐色の肌の女性でした。

僕「面接をさせてください!」と、英語でお願いしたところ、

その日のうちに、面接が始まってしまった。(笑)

 

「やべー、ノリと勢いで面接決まったけどなんも準備してない・・・」内心は、心臓ばくばくでした。

 

面接官は、流暢な英語で質疑応答をかましてきた。

初の英語での面接で緊張していたのもあったけど、なんとか単語を聞き分けてコミュニケーションをとっていた。

 

するとなんとか、こちらの熱意も伝わって、

「じゃあ、明日の9時にこのホテルに来てもらっていい?早速、明日から仕事を開始するわよ」と、言われた。

めちゃくちゃ緊張したけど、なんとか英語での面接を乗り越えた瞬間だった。

 

全く英語が話せない状態から、英語で仕事を探して採用面接までパスできたから、めちゃくちゃ嬉しかったし自信がつきました。

オーストラリアで仕事が決まった後、帰りの足取りはめちゃくちゃ軽かったですw

 

たった1日5分のシャドーイングで、英語がペラペラになるのならやるしかなくね?

 

Youtubeで見つけたの人ですが、

シャドーイングをコツコツとやるだけでもこんなに英会話が上達するんですよね。


1日5分だったら、どんなに忙しい社会人でも時間確保はできるはず。

実際に僕でも、小声や口パクでシャドーイングをやるように心がけています。

 

最初は、なんだかめんどくさいなーって思っていた時期もありましたが、

生活の一部のようにパターン化すると、逆にシャドーイングしないと違和感を感じるようになります。

 

毎朝、歯を磨くことが習慣になあるように、

シャドーイングも習慣化すれば、体が勝手に行動するようになってしまう。

とりあえず、やってみよう精神で取り組むことって大切。

 

僕もまだまだ英語力を上げて、海外旅行を楽しみたいので継続してきます!


初めまして、こんにちは。
「ざっきー」と申します。

元々は全くの英語音痴でしたが、
学生時代から「海外生活」に憧れてノリと勢いで退職!

英語力ゼロからフィリピン留学を経験。
留学中は、現地の人とは話せず黙り込んでしまう。
レストランで英語で注文できなくて恥を掻く。。。

プライドを捨てて、
中学校英語の基礎基本からやり直して、
失敗を恐れず英語の勉強を続けていくと
オーストラリアで現地人と一緒に働けるくらいまで英会話が上達しました。

英語劣等生だからこそ、英語が話せればチャンスが広がる!

そんな理念でブログを書いております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です