寝て待っているだけで人生は変わらない。9割の日本人が気がつけない奴隷大国の未来

こんにちは、ざっきーです。

 

今回は寝て待っているだけでは人生は変わらない

って話をしたいと思います。

 

何が言いたいのかというと、

寝て待っているだけじゃ、幸運やチャンスって訪れないんですよね。

当たり前だろ。って思われる人が多いかもだけど、

意外と気がついていない人が多いのも事実。

 

家で任天堂スイッチやパズドラをやっていても、

ゲーム内のレベルが上がるだけで、何にも人生は変わりません。

 

時間を消費していくうちに、

気がついていない間に、多くの日本人が仕事を失ってしまう未来はもう過ぎ来ています。

ぼーっと生きていると、もれなくほとんどの日本人は年収200万円台の貧困層の仲間入りです。

 

大手企業や富裕層の奴隷化が加速する日本人

 

今の時代は、人類史上、

とてつもないほど早いスピードで文明が進化しています。

 

平安時代の人の一生分の情報が、

現代人の1日に得る情報量だと言われています。

 

それほど、膨大な情報が飛び交っているのです。

 

インターネットという、テクノロジーが開発されて、

いつでもどこでも、スマホ1つで世界中のアクセスできる時代になってしまいました。

 

ものすごく便利です。

グーグルマップのおかげで、

初めて行く場所でも目的地につく時間短縮ができるようになったし、

amazonのおかげで、家にいながら日用品をボタン1つで買えてしまいます。

 

何が言いたいかというと、無駄な人材は全てAIやロボットに置き換えられてしまいます。

ロボットであれば、文句を言わずに働いてくれるし、

メンテナンスさえしていれば人件費はかかりません。

 

つまり、能力がなくスキルがない労働者は、

全てロボットに仕事が奪われてしまい、収入は少なくなり貧困層がさらに増えます。

まさに能力がない日本人は、さらに奴隷化が加速しますね。

 

能力がある外国人が日本人の仕事を奪っていく

 

僕は現在、東京に住んでいるんですけど、

家の近所のコンビニに行くと、必ずと言っていいほど外国人が働います。

彼らは日本語がペラペラです。

 

コンビニで店員しているのがもったいないほど、日本語を操るのが上手です。

中国や韓国の方々は、パッと見た目ではまるで日本人かと思うくらいです。

 

日本語、外国語もどちらも操れるハングリーな在日外国人と、

ただ単にぼーっと生きている日本人。

 

これから、グローバルな社会になる場合、

経営者だったらどちらを採用するでしょうか?

 

僕ならば確実に前者。

優秀な外国人を同じ賃金で採用します。

 

ロボットやAIだけでなく、

優秀な外国人も日本人の仕事を奪い去っていきます。

ますます何もスキルがない日本人は貧困になります。

 

寝ているだけじゃ人生変わらない。自分を高めるためにお金を使うべき

 

インターネットが普及して、

テクノロジーの進化とグローバル化が加速しています。

 

何にも考えていていない、暇さえあればスマホゲームをやっている

完全思考停止型の日本人は確実に貧困になるでしょう。

世界がガンガン早く進化しています。

 

悲しいけれど、老人が多くて子供が少ない日本は完全にオワコンです。

そもそも、日本の国会議員がお爺さんお婆さんです。

老人たちが日本の政治を動かしているって終わっていますよ。マジで。

 

誰かが助けてくれるだろう、会社が保証してくれるだろう。

そんな幻想は捨てた方が良いです。

これから待ち受けるのは、外国人を含めた完全な実力社会です。

 

では、何をやるべきか。

自分の能力を高めるために有効的にお金と時間を使うのです。

自己投資ができる人間と、浪費ばかりしている人間は格差が広がっていきます。

 

自己投資とは、今までできなかったスキルを身につけること。

ドラゴンクエストのようなもので、

高品質な武器や防具を装備することで、人生においてもレベルアップすることができます。

 

逆に自己投資ができない人は、始まりの町で足踏みをしている人生。

スライムさえも倒せません。

それも悪くはないと思いますが、能力がないと収入は残念ながら上がりません。

むしろ日本は貧困化していますので実質、収入は減ります。

 

寝ていてぼーっとして過ごす日々は、貧困層への入り口です。

ほとんどの日本人はまだ気がついていないのが現状なんですけどね。


初めまして、こんにちは。
「ざっきー」と申します。

元々は全くの英語音痴でしたが、
学生時代から「海外生活」に憧れてノリと勢いで退職!

英語力ゼロからフィリピン留学を経験。
留学中は、現地の人とは話せず黙り込んでしまう。
レストランで英語で注文できなくて恥を掻く。。。

プライドを捨てて、
中学校英語の基礎基本からやり直して、
失敗を恐れず英語の勉強を続けていくと
オーストラリアで現地人と一緒に働けるくらいまで英会話が上達しました。

英語劣等生だからこそ、英語が話せればチャンスが広がる!

そんな理念でブログを書いております。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です